株式投資

株式投資におけるメリットと注意点とは?横山先生に聞く

投資方法の一つで最も有名だとされているのが「株式投資」です。
株式投資とは企業が発行している株に対して投資を行うことにより、取得したときの金額と売却金額の差である売却益や、配当金を期待する投資方法となっています。
しかしこの投資方法には特徴を正しく理解して正しく運用しないといけない注意点があることや、様々な種類が存在するのでこれからこの投資方法を始めようと考えているなら仕組みと特徴をしっかり理解するようにしましょう。
個人で株式投資をする方は増えていますが、初心者にとってどのような仕組みなのかはっきり理解できていないという方は少なくありません。

株式投資で利益を出す方法

まず株式投資の仕組みを知る上で重要となるのが利益を出す方法は2つあるということです。
1つ目は株式の売買を行うことで売却益を出す方法ともう一つは配当金を積み重ねていく方法があります。
株式とは企業活動に必要となる資金を調達することを目的として発行されているため、購入した法人や個人はその企業の株主になることができます。
購入者は持っている株数に応じて企業側が出した利益を配当金として受け取ることができる権利を得ることができます。
そのことから保有株数が多くなるほど、配当金の金額も自動的に大きくなり最大の利益を出す方法と考えられています。
実際に株を購入するときには企業と直接売買を行う必要はなく、基本的に証券取引所に介入することで電子化された株券を売買する流れとなっています。
証券取引所では多くの企業が発行した株をリアルタイムで売買されており、その時の企業の株価は需要と供給に応じて常に変動していることから、購入した株価よりも値上がりした時に売却できれば、売却益を得ることができる可能性があります。
この売却益を継続して出していくことができれば、利益を得ることができます。

売却益を期待することができる

この投資方法を行う上で得られるメリットには、先程挙げたように売却益を期待することができることがありますが、業績が好調な企業であれば株式の買い注文が増えるので自然と値上がりしていきます。
しかし不祥事など企業にとって悪いニュースが報じされると売り注文が増えるため、値下がりしてしまうなどリアルタイムで株価は変動しています。
そのため取得したときの価格よりも値上がりしたタイミングで売却することができるかによって、利益が得られるか大きく違いが出ます。
メリットは他にも配当金や株主優待が受けられることが挙げられます。
配当は企業が株主に対して利益を分配することであり、決算ごとの利益額に応じて配当の金額が決定されるので、利益が多くなるほど配当が増えることになります。

決算で赤字になってしまえば配当が出ないリスクも存在する

反対に決算で赤字になってしまえば配当が出ないリスクも存在します。
株主優待は企業が独自に行う自社商品やサービスを提供する特典であり、株主の新規獲得や株式を長期保有してもらうことを目的として多くの企業で実施しています。
この自社製品やサービスの提供は企業によって内容は異なりますが、一般的には100株保有につき○円分のサービスや自社製品、200株保有で○円分の商品券といった内容が多いため、自分が応援したい企業であったり特典として魅力的な株主優待を提供してくれる企業を選んで株を購入するという方も少なくありません。
こういった株主優待の内容は、ヤフーファイナンスやネット証券などで企業名から優待の種類、最低投資金額まで検索することができる用になっているので、初心者はまずサイトをチェックしてみて興味のある企業を探してみることから始めるようにしましょう。

どのような株式投資でも初期投資額は比較的高い

このように様々な利益や特典が受けられるメリットがある反面、リスクやデメリットも存在しておりどのような株式投資でも初期投資額は比較的高いことが挙げられます。
若い人でも始められる投資として注目されている投資信託は、ネット証券なら100円から購入したり純金積立なら最低で1,000円から始められるなど初期の金銭負担が少ない特徴があります。
しかし株式投資なら最低でも数万円程度の投資が必要であり、人気の高い大企業の株であればかなり高い初期投資が必要となります。
最低投資金額は銘柄によっても異なりますが、投資信託や純金積立と比較してみると株主投資の初期投資額はどうしても高くなりがちなので、計画を立ててどの株を購入するのか決めることが重要です。

まとめ

また株式投資を行う際にはリスクも常に存在し、価格変動リスクなどが特に顕著です。
証券取引所で売買されている株式は、証券取引所が開いている時間帯なら常に株価が変動するため、うまく売買することができれば売却益を期待することができます。
しかし元本が保証されるわけではないため、取得価格よりも株価が値下がりすると大きな損失を出すリスクも想定しましょう。
他にも信用リスクとして企業の財政難や経営不振などを理由にして、債務が履行できなくなるリスクも存在します。
これは株が本来企業に出資することを意味しているため、経営不振のため破綻してしまった場合株式の価値がなくなってしまうことが関係しており、そうなると投資したお金は取り戻せず全て失う可能性がある注意点があります。

横山英俊