プロパンガスのメリットとデメリットを把握しておこう

近年住宅で使われているガスの形態としては、都市ガスとプロパンガスに分かれますが、プロパンガスの場合には料金が高いというイメージが強いかもしれません。
とはいえメリットもあればデメリットも存在するので、どちらもしっかりと把握し、賢くガスを導入する必要があります。

プロパンガスのメリット

容器に充填することにより全国どこでも運ぶことが可能

まず最初にプロパンガスのメリットとしてあげられることの一つ目には、どこでも使えるか反省や分散型エネルギーである点が挙げられます。
都市ガスの場合にはガス管が自宅まで通っていなければ使用することが難しいですが、LPガスの場合には容器に充填することにより、全国どこでも運ぶことが可能となります。
ガス容器やメーターなどの設備を建物に取り付けるだけで簡単に使用することができます。
このようなことから離島や山間部などの地方では、重要なエネルギー源として多く利用されています。
都市ガスのエリアカバー率は約5%ですが、なんと95%のエリアカバー率を誇ると言われ、全国のおよそ半分にあたる約2500万世帯で使われているのです。
品質が劣化したり機材の腐食もないので、半永久的に保存したり使用することができ、非常用の備蓄にも適していると言えるでしょう。
自然災害などが発生して避難をしなければならない状態に陥っても、地域の避難所などでも暖房や非常用発電機として使えるなど、被災者の生活を維持するにも非常に有効な方法とされています。

環境にやさしいクリーンエネルギーである

二つ目のメリットにあげられることは、環境にやさしいクリーンエネルギーであることが挙げられます。
酸性雨の原因となる硫黄酸化物の排出もほぼなく、地球温暖化の原因になる二酸化炭素の排出量も少なく、地球には非常にやさしいクリーンエネルギーと言えるでしょう。
さらには酸性雨の原因になる養分や窒素などもほとんど含まれておらず、燃料の際にすすを出すこともなく、オゾン層の破壊の心配もほとんどありません。
つまりクリーンなエネルギーとして、将来的にも需要が拡大することが予想されます。

災害に強いエネルギーである

そして災害に強いエネルギーであることもメリットの一つと言えるでしょう。
各家庭に個別に供給することができる分散型エネルギーと呼ばれるものなので、万が一災害が発生した時に、ガスの供給が遮断されてしまった場合でも、個別に調査を行ったり点検をすることにより、早期的に復旧が可能となります。
特に災害時には、被災地において非常に役立っていると言えるでしょう。
実際に2011年には東日本大震災が発生しましたが、この時のライフラインの全面復旧までの日数を見た場合には、プロパンガスは41日で復旧することができました。
これに対し都市ガスの場合には53日、電力は何と3か月以上も日数を要したのです。

発熱量が高いエネルギーである

そして四つ目には発熱量が高いエネルギーであることが挙げられます。
燃焼時の発熱量は都市ガスの約2.2倍にあたり、つまり2倍も強い火力があるということです。
身近なところで具体例を挙げると中華料理店や揚げ物の専門店、ラーメン店などの場合には、火力が強ければ強いほどおいしい料理ができるとも言われていてとてんこのような店ではよく使われていると言えるでしょう。

プロパンガスのデメリット

都市ガスよりも料金が高い傾向にある

このようにメリットがたくさんあることがわかりますが、反対にデメリットにあげるやはり費用の問題が挙げられます。
都市ガスよりも料金が高い傾向にあり、全国平均した場合には、1.5から2倍程度も高いと言われています。
同じライフラインなのにも関わらずこんなにも料金に差が出てしまうのは、配送方法が違う点が挙げられます。
ガス容器を人の手で各家庭に配送しなければならないので、配送費用がかかってしまうのです。
この費用は基本料金に含まれて請求され、地域やガス会社により異なるものの、基本料金の平均相場は1698円となっています。

料金公開が義務化されていない

そして料金公開が義務化されていない点もデメリットと言えるでしょう。
なかなか価格も下がらず、原油高騰時期にはすぐに値上げをするのにも関わらず、下落時期に入ったとしても値下げを行わないことが慣習になってきています。
このようなことから、ますます料金は上がり続けることが予想されるでしょう。

LPガス料金の相談窓口サイトを利用する

このようにメリットやデメリットがあることがわかりましたが、安心してプロパンガスを利用したいと考えるのであれば、LPガス料金の相談窓口サイトと呼ばれるものがあるので、これを利用することで、現在契約中の販売店の料金が適正な価格なのかどうかを調べることが可能です。
万が一高いと言うのであれば、不当な値上げもなく、万全な安全対策が行われている事業者に乗り換えることも一つの手段です。

※こちらも参考・・・プロパンガス会社検索【まちがす】-料金相場と地域最安値

まとめ

プロパンガスは万が一災害に見舞われた際のエネルギー供給の最後の砦とも呼ばれているほど、様々なシーンで活躍する頼もしい存在とも言えるでしょう。
とはいえ料金に関しては地域や事業者間の格差や、不透明な料金体系など、信頼を得るには程遠い状況といっても間違いではありません。
メリットとデメリットの両方の知識を身につけた上で、賢く利用することが求められます。